1. HOME
  2. 涌泉寺の方針

涌泉寺の方針

お寺にお出で頂けるお方はもちろん
遠方でお寺までお出で頂けないお方でも
涌泉寺とご縁が頂けただけで自然と《ありがとう》が口に出て
元気が頂けて、元気で安心な毎日が送れます。
心から信頼のおける仏さまがいっぱいおられます。
その仏様と一緒に心から泣いたり笑ったりなさってください。

住職プロフィール

院主 山口法博

昭和十八年西宮で生まれ育つ。
父親が戦死をし、家が貧乏であったため中学卒業と同時に
写真製版所に就職、一か月で退職して運送会社の事務員となる。
便所掃除から一人前の事務員となる様に叩き込まれる。
二十七歳で脱サラするときには総務部副部長。
これからの社会は学問が必要と、高校(西宮市立西宮高校)
大学(関西大学・商学部)と八年間夜学に通い卒業した。
脱サラをして、食品移動販売を営む。
三十五歳頃より
営業不振を機に現師匠のお寺に相談のため出入りするようになる。
三十八歳頃から僧侶になると決め
三十九歳で僧侶の資格を取り同時に大寺院の修行僧として雇われる。
四十五歳で今の涌泉寺を紹介され住職となる。そのころの涌泉寺は無収入
のお寺であったため、修行僧と住職の二足の草鞋を履くことになる。
女房と二人の子供を犠牲にしながら、ただただ涌泉寺復興のためにお給仕専
一の日々を過ごす。
四十二歳で日蓮宗の大荒行に初めて入行、五十八歳で五回目の大荒行を終
行した。
令和二年の今年、息子に住職の座を譲ることを決め、五月に住職退任、同時
に院首に就任。

住職 山口法光

昭和57年西宮で生まれ二歳で親と共に能勢に来る。
小学校三年で涌泉寺に来る。
平成十三年関西大学第一高等学校に入学・アメフト部に入部
平成十三年関西大学工学部生物工学科入学・アメフト部に入部
平成十七年三月卒業と同時に大手外食産業に入社、現在(令和二年)営業部
エリアマネージャーとして活躍。今年(令和二年五月)涌泉寺の第二十九世
の法燈を継承して二足の草鞋を履きながら住職とファイナンシャルプラン
ナー(FP)の肩書を有し、皆さんのご相談をお受けしております。
平成二十七年に僧侶となる。
平成二十九年日蓮宗大荒行初行を成満して修法師となる。
令和二年二月には日蓮宗大荒行二度目の大荒行を成満する。
現在、宗務所内にて書記として参画する。